観葉植物が与えてくれるもの

部屋の中にグリーンがあるのと無いのとでは、リラックス感が違うと感じています。ですので、自宅には観葉植物を欠かしません。人から聞いた話しですが、その人の運気が落ちている時には、お部屋の植物の状態に影響が出るそうです。この前まで元気だったのに、水やりもちゃんとしているのに、急に枯れてしまったという時は、お世話をしている人の悪い気を植物が持って行ってくれているのだそうです。私自身にもそういう経験があるのですが、身代わりになってくれているなんて、何だか愛おしいですね。グリーンがあるとリラックスするというのは、植物の生気に守られているという事でもあるのでしょうか。また風水的にも、観葉植物を部屋に置くと運気がアップすると言われています。目を楽しませてくれるだけでなく、悪い気を取り除いてくれたり良い気を運んでくれたり。観葉植物の存在価値って大きいんですね。

部屋に観葉植物の寄せ植えを

部屋に植物が1つでもあると、日々の癒しとなり、部屋の雰囲気も優しくなりますね。私は一人暮らしをしていますが、最近は、観葉植物の寄せ植えにハマッていて、数種類の植物を、可愛いブリキのプランターなどに植え変えて育てています。最近は、植物も花屋さんだけでなく、ホームセンターやスーパーマーケット、雑貨店など、様々な場所で手に入るようになりましたね。植物によっては高価なものもありますが、私は100円ショップで良く、サボテンやポトス、プミラやワイヤープランツなどを購入しています。植え替えすると、とても安い植物に見えないのが嬉しいですね。植物や土をいじる事は、良い気分転換にもなるので楽しんでいます。植える鉢や組み合わせなど、工夫やアイデア次第で素敵に部屋を飾ってくれます。これから夏にかけて、部屋にグリーンがあると、涼しく感じる事が出来ますので、色々増やして行きたいと思っています。

観葉植物と暮らすメリットについて。

観葉植物と暮らすメリットとして、私は家の庭や玄関に置いているのですが、見ているだけで気持ちが癒されるしリラックスできます。日光を浴びて少しずつ成長している姿を見ると、こちらまで生き生きした気分になれます。形も個性的なものが多くて、複数置いていてもそれぞれが個性豊かで存在感があります。子供の頃は、テレビドラマの中で主役の人が暮らすおしゃれな部屋の中には、たいてい観葉植物が置いてあって憧れた記憶があります。大人になり一人暮らしをしていた頃に真似をしてみたのですが、残念ながら自分のセンスではおしゃれな雰囲気にするのは難しかったです。観葉植物は、室内の二酸化炭素を酸素に変えるなど空気をきれいにしてくれたり、室内の湿度を適度に保ってくれる働きもあります。寝室に置いておくとよく眠れるようになったという人もいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

観葉植物で最高の癒しを!